01123456789101112131415161718192021222324252627282903

ホテルメトロポリタン鎌倉

6月初旬の鎌倉旅、宿泊は鎌倉駅近くに2020年に開業したホテルメトロポリタンです。
鎌倉は混雑の割に宿泊施設が少ないなぁと思っていたので、こんな便利な場所に新しいホテルができたなら行かなくちゃ、という謎の使命感で泊まりにきました(笑)



鎌倉駅前のロータリーから若宮大路に出て信号を渡ると、すぐ左手にホテルの外観が見えます。



1階がMUJI.comとCafe&Meal MUJIになっていて、朝食はこのCafeでとるようです。
無印良品は自前でホテルもやっているのに、他のホテルブランドとのコラボもするのは面白いなと思いました。



駐車場やホテルの入口は、建物の左サイドの奥まったところにありました。
街並みに馴染むように、あまり目立たない感じにしたのかもしれません。



エントランスの自動ドアを入って奥に進むと、2階のロビーに上がるエレベーターホール。
ロビーを見上げる吹き抜けの中庭がナチュラルな感じで素敵です。



ロビーはシンプルで落ち着く感じのインテリア。
どことなく無印っぽい印象もありますね。



荷物を預かってもらおうとしたら、お昼過ぎでしたがもう部屋の準備ができているとのことで、すぐにチェックインできました。
カードキーを受け取って部屋に向かいます。



部屋はプレミアムコーナーダブルで、4階の角部屋でした。
ドアから入ると廊下の突き当たりに大きな窓が。



奥にあるベッドルームは、部屋の二面がほぼ全部ガラス窓という圧倒的な開放感。



窓側には少し段差のあるリビングスペースがあり、思ったより余裕のある作りでした。



壁にはテレビとカウンターキャビネット。



ライトやカーテンのスイッチはベッドの両サイドにありました。
このソファもエキストラベッドになるのかもしれません。



カーテンを開けるとこんな感じです。
もはや宙に浮いているかのような(笑)



二の鳥居が目の前で、なかなかの眺めでした。
ただ日当たりが良すぎて暑くなってしまうので、景色を見つつ日よけのカーテンは閉めつつと手動でこまごまと調整(笑)



壁側のキャビネットにはエスプレッソマシン。
どうして椅子が置かれているのかと思ったら、引き出しに折りたたみ式の鏡が入っていて、ドレッサーを兼ねているようです。



キャビネの引き出しにはマグカップやお茶類。
グラスは夫が早々に持ち出したので1個しか写っていませんが(笑)



その下には電気ケトルやワイングラスなど。



廊下を玄関ドアの方に戻ると、バスエリアの入口があります。
こちらも突き当たりは白いスクリーン越しに明かり取りの窓があり、とても明るいです。



引き戸を開けて入った左手にはトイレ。



右手はクローゼット。



スリッパが色分けされているのはありそうでなかなかなく、わかりやすくていいなと思いました。



奥の洗面台はダブルベーシン。
シンプルで必要十分、何よりスペースが広々としていて使いやすかったです。
ふと、窓の向こうはどうなってるのかなと思って横のロールスクリーンを上げてみたら、窓自体が白い曇りガラスになっていて、上げても下げても見た目はほぼ同じでした(笑)
ただ、スクリーンがないと直射日光で夏は暑いのかもしれません。



引き出しのアメニティは実用にこだわったセレクトで、足や目の疲れを癒すアイテムに優しさを感じました。
鎌倉はよく歩きますからね。



バスルームも洗い場に椅子があったりして、日本人には使いやすく、こちらも広々としています。



そしてバスタブの向こうに見える坪庭のようなスペース。
この部屋は全体的にバスエリアが充実していていいですね。



そして、チェックインの時にフロントの方がくれた予約特典のグッズ。
鎌倉ビールとおつまみのナッツ、そしてゴールド配合の基礎化粧品セット。
でも、化粧品のセットは洗面台の引き出しにも同じものが2人分入っていたので、あれ?と思ったり(笑)



鎌倉ビールは、夕食に出かける前に夫がおいしくいただきました。



食事をして戻ってきた時の、ホテル1階の中庭。
夜もさりげなくライトアップされていてきれいです。



フロントの奥に喫煙室があるので、出入りのたびに夫の一服をロビーで待つのがルーティン。
喫煙所は減る一方だし身体にもいいことないし値上がりはするし、そろそろ煙草やめればいいのにと思ってしまいますが(笑)
このロビーにはコーヒーマシンが置いてあって、ソファでくつろいだり部屋に持って帰ったりできるのもよかったです。



翌朝の朝食。
通常は道路側の入口からしか入れないCafe&Meal MUJIですが、ホテルの朝食時間帯だけは1階のエレベーターホールから直接アクセスできるようになっていました。
朝食は3種類からメインを選び、それ以外のサラダやドリンクなどをカウンターから選ぶハーフブッフェです。



夫は2種類のあいがけカレー。
無印のバターチキンカレーと、その日のおすすめカレーだそうです。
おすすめが何だったのかは気にしてなかったのでよくわからんとのこと(笑)



私はアメリカンブレックファストを選びました。
スパニッシュオムレツと鎌倉ハムのソーセージ。
他に選択肢として鯵の干物と豚汁の和定食もあり、隣のテーブルを横目で見たらそれもおいしそうでした。



あとはそれぞれ好きなものをもらってきて、朝からまあまあお腹いっぱい。
学生の頃から無印ヘビーユーザーの私には、カジュアルで気負わず居心地のいい空間でした。



朝食を食べたら早々に出かけないと、日曜日なんてあちこちまた混んでしまうとわかっていながら、何だかもったいなくて部屋でそこそこのんびり過ごしてしまいました。
まあ、いつものことですが(笑)
今回は若宮大路側でしたが、中庭に面した部屋もお篭り気分でくつろげそうですね。
鎌倉で宿泊するならまたここに来ようと思います。


ホテルメトロポリタン鎌倉
https://kamakura.metropolitan.jp


関連記事

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (209)
レストラン・カフェ (145)
散歩・ドライブ (30)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (232)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索