061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2023年07月

からすみ蕎麦 月と松

鎌倉泊の夜、材木座にあるからすみ蕎麦のお店に行ってみました。



ホテルのある鎌倉駅前から海岸まで、若宮大路をまっすぐ南下。
途中にあった食品市場がいい雰囲気で、魚介類を焼く香ばしい匂いも漂っていました。



海に出る前に若宮大路から左に入るのがお店への最短距離ですが、鎌倉の海も久々だから海回りで行こうと、15分ほど歩いて到達した材木座の海岸。
この時まだ6月初旬だったので、夏に向けて海の家を作っているようにも見えます。
夕方の海っていいよねーと何となくエモーショナルな気分になったところで、そこから店への道順を見失い、軽く迷子状態に(笑)



Google Mapの助けを借りて何とか辿り着いた住宅地の一角。



お店の方が出てきて声をかけてくれました。
予約の時間を過ぎてしまい申し訳なかったです。



お店は築100年の古民家。
玄関で靴を脱いで中に入り、廊下を進むと、縁側越しに庭を望む客間にテーブルと椅子が並んでいました。



5、6席のテーブルに私たちを含めて3組、他の個室にも数名のお客さんが入っているようです。
BGMなどはなくとても静かな空間。



この日はお店の基本メニュー「お料理とからすみ蕎麦のショートコース」を予約していました。
先付に出してくれたのは、豆皿のちりめん山椒。



日本酒党の夫は、メニューには載っていないが今のおすすめということで、イリヤソントンをお洒落な酒器で。
どういう字を書くんだろうと思っていたら「IL Y A 100 ANS(フランス語で「百年前」の意味)」でした。
長野の小布施ワイナリーが厳冬期の数週間限定で作っている日本酒だそうです。



季節の料理1皿目は、小鮎とうるかの塩辛のリゾット、たで酢添え。
焼いたそら豆とたでの葉が添えられていて、「苦いですけどお好みで葉っぱも食べられます」とのこと。
塩辛はリゾットにほんの少し加えられた風味のような感じでした。
そら豆もさっくり香ばしくて美味。



2皿目は、穴子の天ぷらと新玉ねぎの擦り流し、真鯛の出汁。
年に二度ある穴子の旬のひとつで、梅雨穴子と呼ばれるそうです。
上品な薄味で、素材の味が引き立っていました。



ショートコースはこのあとからすみ蕎麦なのですが、もう少しつまみたい夫が平目の昆布締めを追加。
見た目はよく見る昆布締めとは違いますが、これも昆布の旨みがしっかり効いていておいしかったです。



からすみ蕎麦の前に、ボラの卵巣を仕入れ自家製で仕立てた1ヶ月もののからすみを見せてくれました。
蕎麦に使われているのは3ヶ月もので、これより熟成が進みねっとりとしたチーズのような味わいが楽しめるとのことで、期待も膨らみます。



そしてメインのからすみ蕎麦。
蕎麦には出汁が絡めてあるので、このままからすみと混ぜていただきます。
からすみ蕎麦と聞いてあまりピンと来ていなかった夫も「これはうまいな」と絶賛。
思ったより量があったので、品数の少ないショートコースでも、ちょっと飲んで締めるには程よい感じでした。
なお、基本はからすみ蕎麦ですが「チーズと生ハムの蕎麦」「はまぐり蕎麦」に変更することも可能です。



蕎麦湯は、柚子入りの出汁で割った状態で出してくれました。



最後にほうじ茶。
希望すればデザートも頼めます。



いつものようにのんびり食事をしていたら閉店の20時が迫り、いつの間にか私たちが最後の客に。
そろそろ出ないとね、と会計を済ませつつ、建物が素敵なので写真を撮らせてもらっていたら、お店の方が「庭をご案内しましょうか?普段は駄目なんですけど、今他のお客様がいらっしゃらないので」と言ってくれました。



暗いので足元に気をつけてと案内された夜のお庭は、ほのかな灯りと陰影がとても印象的。
この古民家にも数年前までは実際に人が住んでいたのだそうです。
また、案内してくれた方が東京から通っていること、実は私たちと同じ区内に住んでいることも発覚し、いいものを見せていただいた上になんとも楽しい時間となりました。
食事が遅くて得をしたと思ったのは初めてかもしれません(笑)



庭の片隅には紫陽花も咲いていました。
昼間も散策の道すがらあちこちで紫陽花を見かけましたが、鎌倉では東京より少し早めに咲き始めるみたいですね。



落ち着いた静かな空間で、おいしいものを程よい量でいただける、とても素敵なお店でした。
ここはぜひまた再訪したいです。



帰りは海からではなく、素直に最短距離を行きます(笑)
住宅地を抜けて通りを曲がり、若宮大路の途中にある一の鳥居を改めて眺めながら、鎌倉駅の方へ。
初夏の夜風に吹かれ、食後のいい散歩になりました。



日中は人や車で賑わっていた駅前の交差点もこの時間になると閑散としていて、何だか新鮮な眺めです。


からすみ蕎麦 月と松
https://whaves.co.jp/tsukitomatsu/


関連記事

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索