0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

date :2018年09月

山形散歩

山形へ行くといつも、滞在中に何度かはお蕎麦を食べます。
鶏肉を使った冷たい「肉そば」や噛みごたえ十分の大盛り「板そば」など山形ならではのものもありますが、ごく普通の町の蕎麦屋さんも多く、おいしいお蕎麦には事欠きません。



芋煮会で有名な馬見ヶ崎川のほど近く、古民家で営業しているのが「そば琳」です。
妹が以前行っておいしかったとのことで、両親含め6人でお昼を食べに行きました。
店の裏手に車を停め、建物の横から玄関に回ると、お昼の営業は15時までで蕎麦がなくなり次第終了とのこと。
遅めに行ったのでちょっと焦りましたが、ぎりぎり6人半前残っているということで、私たちが最後のお客になりました。



もり蕎麦はお漬物つきのシンプルなセット。
食べやすく香りのよいお蕎麦でした。
暖かい日だったので、父と夫はまずビールで乾杯。
レトロ感あふれる店内の一角には山形の観光情報や雑誌などがまとめて置いてあり、オーナーの山形愛を感じます。



母と妹はにしん蕎麦。
生まれてこの方ずっと食べ盛りの姪は当然のように1.5人前盛りの板蕎麦を注文し、6人で6.5人前を完食したのでした。



デザートに頼んだきな粉と黒蜜の蕎麦プリン。
ごく柔らかいそばがきのような感じで、これもとてもおいしかったです。



お会計を済ませて店を出ると、出入口のドアには売り切れの紙が貼られていました。
古民家ならではの雰囲気もよく、人気があるというのも頷ける素敵な蕎麦屋さんでした。



所変わって、こちらも山形市内にある霞城公園。
久しぶりに行ってみるかと父が連れていってくれました。
最上家の居城である山形城(通称霞ヶ城)があった場所で、ここは二の丸東大手門。
現在は復元工事中ですが、地元の人たちの生活道路にもなっているようで、自転車が気軽に通り抜けていくのを夫が面白そうに眺めていました。
都会から来たマダム達を引き連れたボランティアのツアーガイドとも遭遇し、山形訛りの説明にこっそり耳を傾けてみたり。



4月下旬になるとお堀端や公園内には桜が咲き乱れ、絶好のお花見スポットになります。
今の季節は夏の名残の木々の緑が鮮やかで、改めて見るとなかなか清々しい景色です。



中に入ると、最上義光像のある広場。
母も霞城公園で大々的な復元工事や再整備が行われていることを知らなかったようで、「こんなに立派な門作って、中もこんなに綺麗になってるなんてすごい!」としきりに感激していました。



最上義光騎馬像。
父が言うには、後ろ脚で立つ騎馬の銅像はバランスを取るのが難しく、この大きさは国内でも珍しいのだそうです。



復元工事中の二の丸ですが、大手門の一部は資料館として無料開放されていて、山形城下の沿革や藩主の変遷など、思いのほか充実した展示を見ることができました。



向こうに見える照明塔は以前野球場があったところ。
スポーツ施設は順次他の場所に移され、本丸跡の発掘や公園の整備のため更地になっています。



好天に恵まれ暑いくらいの日差しでしたが、街路樹の木陰は涼しく、感激しすぎてちょっと疲れた母がひと休み。



二の丸だけでなく、本丸の門やお堀も順次復元されているようです。
一文字門と呼ばれるこの門の内側は、まだ草の生い茂るかつての面影そのままでした。
本丸には当初から天守閣はなかったようですが、幕末には既に更地になっており、残存する資料が少なく全貌が不明なため、復元にはまだまだ時間がかかりそうです。
古い時代の写真の提供を市民に呼びかける看板もありました。



遊歩道の先に見えてくる瀟洒な西洋建築は、山形市郷土館。
市内中心部にある済生館病院の旧本館を移築したもので、中は往時の診察室や医療器具や資料などが保存されています。



庭にはコスモスや千日紅など色とりどりの花が咲いていました。



外観と一部の部屋以外は写真撮影は禁止です。
円形の外廊下に囲まれた中庭では、母が「昔のままだ、懐かしい!」とまた感激モード。
もっと遥か昔に移築されたと思っていたので、母がこの本館の現役時代を知っていたのは意外でした。
山形の医療の発展に尽くした外国人医師や、戦中戦後の労苦、雪国の暮らしの大変さ、医療技術の進歩など見所は盛りだくさん。
なかなか興味深く、夫とじっくり見て回っていたら、両親はとっくに出口にたどり着いてソファに座っていました。
市内観光名所のスタンプラリーの台紙があったので、夫がそこにあったスタンプをポンと押しましたが、よく見たらそこは全然違う施設の枠(笑)



霞城公園の北東の方角に、お寺が密集する寺町と呼ばれる区域があります。
みんなが寺町と呼ぶので正式名称だとばかり思っていたのですが、現在の地図上にはない旧町名だそう。
その寺町にある専称寺は、最上義光の次女駒姫の菩提寺です。



父によると、多分この辺りで一番大きなお寺とのこと。
境内には空を覆うような銀杏の大樹があり、悠久の時の流れを感じます。



駒姫のお墓は近年建てられたばかりでまだ新しいものですが、これもいずれは史跡になるんだよと手を合わせました。
どしりとした本堂に映える緑、紅葉の季節が楽しみです。



そして、山形最後の昼食はやっぱりお蕎麦です。
ごちそうさま。
夏は猛暑で冬は極寒という厳しい気候の山形で、貴重な初秋の爽やかさを満喫した三連休でした。


国指定史跡山形城跡 霞城公園
https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/shiseijoho/sub14/koen/ecb45kajou.html

関連記事

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索