121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2014年01月22日

リゾナーレ トマム

リゾナーレは、トマムゲレンデに隣接するホテルでは一番奥にあります。
元はガレリアという名前でしたが、経営が星野リゾートに変わり、いつの間にかリネームされたようです。
利便性では、目の前がリフト乗り場のザ・タワーに負けますが、こちらもホテル横からスキーを履いて出られるし、部屋数も少ないので、静かにゆったり過ごすにはお薦めです。



エントランスの横で出迎えてくれる陽気なお人形。
ニット帽がお洒落です。



大きな窓に囲まれたロビー。
チェックイン手続きのとき、スタッフが小さなコーンスープを出してくれました。
ほっこり暖まります。



ロビーや廊下の窓から外を眺めると、軒下にふんわりと積もった雪がホイップクリームのようです。



リゾナーレトマムは、1フロア4室のみという贅沢な造りです。
ここはリビング。
以前泊まったときと同じ間取りですが、リゾナーレになって壁やファブリックの色が変わり、少し垢抜けたみたい。



こちらもリゾートっぽい色合いになったベッドルーム。



窓から見下ろすと、足元にあるのは森に囲まれたガラス張りのレストラン、ニニヌプリ。
この建物とはチューブのような通路でつながっています。
但し、通路とは言っても外とほぼ同じ気温なので、ホテル内のつもりで上着なしで行くとひどい目に合います(笑)



ベッドルームの隣には広いバスエリア。



窓際には、4~5人は一緒に入れそうなバブルバスがどーんと備えられています。
大きすぎて満水にするのが何だかもったいないのですが、スキーの後のジャグジーはやっぱり気持ちいい。



夜ライトアップするとこんな感じになります。
何というか、私たちには無駄にムーディー(笑)



サウナもついてます。
その向こうはシャワーブース。
さすがバブル期に建てられたホテルですね(笑)
二人なのでこんなに広い必要もないのですが、ファミリー向けにはいいかもしれません。



アメリカ製の大きな洗面台が2台。
アメニティとして、雪肌精のミニセットが置いてありました。
歯ブラシはちょっとゴツくて硬め。

部屋がゆったり暖かく快適なので、一度落ち着くと外に出るのが億劫になってしまいます。
が、館内やホテル周辺にも楽しめる場所はいろいろあるのです。



ロビーのそばにあるラウンジ。
入口には、木でできた素朴なお人形たちの楽団が並んでいます。



ラタンの椅子が並ぶラウンジ、ブックス&カフェ。
中央には木の本棚があり、北海道にちなんだ本やお洒落な写真集などが置いてあります。



ニセコの工房、湯ノ里デスクが作っている家具が展示されていました。
木の温もりが感じられて素敵です。
気づいたら夫が、隣接するショップでこの工房のブックスタンドとカードホルダーを買っていました。



ラウンジにはコーヒーの他にお茶コーナーがあります。
これが湯ノ里デスクのカードホルダー。
マグネットで紙を挟むようになっています。
やっぱり私も買えばよかったな。



リゾート気分の椅子も、窓辺に向けて配置されています。
なんだかビーチみたいですが、眺めるのは窓の外一面の真っ白な雪。



食事などでリゾナーレから他のホテルに行く場合、エリア内を巡回するシャトルバスに乗るか、チューブウォーク、スカイウォークと呼ばれる連絡通路をてくてく歩いて行くことになります。
これはザ・タワーに向かうスカイウォーク。
空中を通るガラス張りの通路は、眺めはいいけれどシャレにならないほど寒いです。



通路のガラス壁に咲く氷の花。
これを見たいがために、寒いとわかっていてもつい行ってしまうのです(笑)



通路を歩いていくと、こんな動物一家に遭遇したりします。
足元には熊の足跡がペイントされていたりしてかわいい。



よそ見していると、屋内にもかかわらず凍った床に滑りそうになるので要注意。
でも、白い息を吐きながらの氷の道の散歩は、トマムならではです。


星野リゾート リゾナーレ トマム
http://www.risonare-tomamu.com/
関連記事

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索