121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2014年01月20日

トマムでスキー

今年最初の三連休。
よりによってこの冬最強の寒波予報の中、北海道にスキーをしに行ってきました。
新千歳空港に降り立つと、既に気温は-9℃。
そこからバスで2時間走り、占冠村トマムに到着です。

まだトマムスキー場がアルファリゾート傘下だった頃から数年おきに訪ねており、気づけば4度目のリピーターです。
寒波など来ていなくても、真冬は-10℃が普通という極寒ゲレンデ。
この寒さに心身ともに打ちのめされながらも、最高の雪質がクセになり、ついまた来てしまうのです。
開放的だけど広すぎないゲレンデの規模感も、ホテルからゲレンデに直行できることも、割と空いているところもお気に入り。



トマムエリアで目を引く2棟のザ・タワー。
否応なくそこはかとなくバブルの香りがします(笑)
ゲレンデ沿いには、同じくタワー形式のリゾナーレトマム、元会員制ホテルのザ・ヴィレッジアルファ、落ち着いた佇まいのホテルアルファトマム、と充実した宿泊施設。
かなりの大規模開発だったことが窺えます。

ちなみに、雪国育ちの私は、スキーブーム真っ只中のバブル期には地方で学生をやっていて、お洒落な都会のスキーヤーが席巻するゲレンデで仲間たちと
「ちゃんと止まれるようになってからブランドもんの板買えよなー」
などと悪態をついておりました(笑)



タワー前のクワッドリフトを降りた先の、眺めの良いムーンシャインコース。
初日意気揚々と滑り出したものの、斜度25度を超えると5ターンぐらいでもう息切れが(笑)
ふと見れば夫は深雪に突っ込んでひっくり返っているし、年々体力の低下を実感するミドルエイジ夫婦なのでした。
でもそこは全山さらさらのパウダースノー、勘が戻れば実力の2割増でさくさく滑れるようになります。



山頂まで一気に上る雲海ゴンドラ。
その終着点は、夏には「雲海テラス」や「てんぼうかふぇ」として営業されています。
青空に眼下を埋め尽くす雲海、一度見てみたいなぁ。



標高が上がるにつれ、更に下がる気温。
ゴンドラを降りると一気に手がかじかみます。
年末年始のセールでまとめ買いした上下ヒートテックを着込み、セーターとウェアの間にウルトラライトダウンを追加し、ありえないほどの重ね着でようやくしのげる寒さです。
ありがとう、ユニクロさん(笑)



ゴンドラの山頂駅から階段を上り、連絡路を抜けるとぱっと視界がひらけます。
尾根沿いに滑り降りるドラゴンリッジというコース。
雪は更に湿度を失い、新雪ならばひとつひとつの結晶の形までよく見えます。
天気が良ければ最高ですが、それを差し引いても実に気分爽快なコースです。



調子よく滑っていても、疲れるとすぐ休憩(笑)
昔は体力に任せ、休むのも惜しんで早朝からナイターまで滑り続けたけれど、今は別人のような落ち着きっぷりです。



ゲレンデ中腹の、暖炉のあるカフェでひと休み。
心地よい疲労にジンジャーエールがおいしい。
夫はビールなんか飲んじゃってます。



ゲレンデには突然こんな木の像が立っていたりします。
かわいい!



日が落ちてナイター営業が始まると、大きな針葉樹林に囲まれたムーンシャインコースは、どことなくロマンチックな雰囲気を醸し出します。
無理せずのんびりマイペースなスキーもなかなかいいものです。



麓のザ・タワーより少し山寄りに位置するリゾナーレ。
もちろんこちらも滑りながらホテルに戻れます。
子供連れや外国人ファミリー、若いカップルに学生グループにシニア世代と、広い客層が思い思いに楽しんでいる雪山。
スキーも(スノーボードも)まだまだ廃れることはないなとちょっぴり安心したりしました。


星野リゾート トマムスキー場
http://www.snowtomamu.jp/winter/ski/
関連記事

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索