0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

category :2024.01 上山(古窯)

日本の宿 古窯(食事など)

古窯の夕食は、別料金で個室を予約。
越前というレトロモダンなテーブル席の部屋に案内してもらいました。
2階には広範囲にたくさんの個室が並んでいて、案内がないと迷ってしまいそうです。



予約サイトの会員特典で夕食時にワインのハーフボトルを出してくれましたが、夫は日本酒党で私は下戸なので、そのままありがたく持ち帰ることに。
上山市のタケダワイナリーの赤ワインです。



で、夫は日本酒の利き酒セットを。



お品書きは、通常の会席料理のような先付とかお椀、焼き物といった品名ではなく、上山にちなんだ独特の名前がついていました。
かわいらしい布に包まれテーブルの上に鎮座していた二段重は、年始ならではのお節料理です。
一の重は「恵み」で、山と野と海の幸小鉢盛り。
華やかで上品な和食ですが、海老のソースには山形名産のラフランスを使うなど、随所にこだわりが効いています。



「葉山」という二の重は鮑の柔らか煮。
こちらのソースはマッシュポテトとうすい豆と鮑ジュレの三色。
残念ながら貝類が苦手で食べられず、かといって他の食材に替えてもらってもどのみち食べきれないので、いつもながら心苦しく思いつつスタッフにはごめんなさいと伝えました。
野菜とともに味わってみたソースはおいしかったです。



「桃源郷」として、帆立と百合根の真薯。
鮎川村の舞茸と味わう土瓶蒸しです。



「蔵王」という名の、お刺身の青朴葉氷盛り。



「窯開運」は、飾りを兼ねた説明書きの紙をそっと外し、パイ生地を崩して食べるビーフシチューで、窯びらきに見立てた縁起物メニューです。
こちらも濃厚でとてもおいしかったのですが、少食の私のみならず、お昼の山盛りチャーハンが効いている夫までもがそろそろ満腹に(笑)



「紅の花」として、山形牛のステーキ。



鉄板と四種の調味料が用意され、好みの焼き加減でいただきます。
これで二人とも完全にギブアップ。



「春雨庵」としておみ漬けと沢庵、珍しいさくらんぼの漬物。
そして「案山子祭り」はつや姫のご飯と田舎味噌仕立てのお味噌汁。
残念ながら少ししか食べられず。
そして最後の「雪灯り」古窯特製窯プリンは、これ以上残すのも申し訳ないので、二人とも熱いお茶で打ち止めにしてもらいました。
プリン・・・食べたかったです。無念。
料理の提供は全体的に早めで、一品ずつというよりは何品かまとめて次々と運んでくるオペレーションでした。
部屋数も多いので、のんびり対応していられないのかもしれませんね。
とはいえ係の方は丁寧で感じがよく、さすがおもてなしの宿として長年評価されている老舗だなと思いました。

そして、実家メンバーのLINEに食事の写真を送ったら、大学生の姪がこちらで宴会対応のアルバイトをしたことがあるそうで、「このパイシチューの紙巻いたことある!食べたことはないけど!」とのこと(笑)
おお、そうなんだ!とちょっと楽しい気分になりました。



翌朝は、前日の雨から気温も下がって雪混じり。



大浴場で朝の温泉に浸かり、程よくお腹もすいたところで朝食会場へ。
廊下や建屋の繋ぎ目など途中途中にらくやきギャラリーや美術品があり、寄り道したり写真を撮ったりしながら向かいます。



朝食は3階のコンベンションホール「紅の花」で、ビュッフェコーナーも座席もかなりの広さ。
とりあえず手に取ったお皿が9分割のものだったので、芋煮や玉こんは外せないしと思いながら全てのマスを埋めたら、何とも微妙な和洋折衷になりました(笑)
が、後で見たら奥の方に小さなお椀の鳥中華(山形ラーメン)のコーナーもあって、えーそれなら芋煮と鳥中華だけでも十分だったなぁと、相変わらずビュフェの段取りが悪い私(笑)



部屋に戻ったら、外はいよいよ雪模様。
葉山は急な坂が多いので、迎えに来てくれる妹は大丈夫かなと少し心配に。
昨日の夕食のリベンジで、宿の目の前にある「山形プリン」でも買いに行こうかと思いながら、寒い屋外に出る気はない夫につられ、結局いつも通りゴロゴロしながらチェックアウトまで過ごしました。



そろそろ時間かとフロントへ行ってチェックアウトを済ませ、待っていると「今向かってるけど少し遅れます!」と、これまたいつも通りの連絡が姪から(笑)
大丈夫だよゆっくり来てねーと返信し、夫は喫煙ルームへ。



そういえば古窯の名前の由来になった場所を見ていなかったなと思い、1階の売店の奥にある古い焼き窯の発掘跡を見に行きました。
大きなガラス越しに、すぐ横の斜面の上の方にある1300年前の窯の跡を眺めることができます。
そんな由来を知ると、古窯という名前が一層風流で重みのあるものに思えますね。



そして晴れ女の妹と姪が無事に車で到着。
見送りの若いスタッフさんに「福を呼ぶ豆です、よろしければどうぞ」と、山形の豆菓子メーカーでん六の豆を(なぜか妹と姪の分まで)いただき、古窯を後にしました。
温泉も料理もよかったです。
お世話になりました。


日本の宿 古窯
https://www.koyoga.com


日本の宿 古窯(部屋など)

正月休み明けの1月初旬に、夫と山形の上山温泉へ行ってきました。
実家メンバーを誘うつもりで山形駅までの新幹線を予約したものの、「二人で行ってこい」とあっさりフラれ(笑)
それならと東京から直行しようとしたら、予約していたのが途中のかみのやま温泉駅には停車しない列車で、強制的に山形駅まで行く羽目に。
わざわざ在来線に乗り換えて戻るという手間をかけて、初めて降り立ったかみのやま温泉駅は小雨。
なんだかついてないなと若干テンションが下がりつつのスタートとなりました。
まあ夫の雨男ぶりは今に始まったことではありませんが(笑)



とりあえず上山城には行ってみようかと、駅のロッカーに荷物を預けました。
かみのやま温泉駅からは徒歩10分ほど。
途中の中華屋さんで昼食をとり、住宅地の坂を登っていくとお城が見えてきます。



上山城の内部はこの地域の自然や文化や歴史が学べる郷土資料館になっていて、想像以上に充実していました。
但し、内部の撮影はOKですがネット掲載はNGとのこと。
展示品の説明に加え、史実の裏話や城下の暮らしぶり、上山藩士の掟など、興味を惹くよう工夫されたユーモアと郷土愛あふれる展示にいちいち感心しながら見学しました。



天守の最上階、展望台からの眺め。
あいにくの天候ですが市内や蔵王連邦が気持ちよく見渡せました。
そこから下の階に降りる階段の途中に「ここまでの消費カロリーは玉こんにゃく何グラム分!」とか応援メッセージが書かれているのもかわいいです(笑)



他のグループを案内していたガイドさんの説明によると、お城の設計関連の資料が残っておらず、昭和の再建時には名城と名高い愛知の犬山城を模して造られたそうです。
最近あちこちのお城で販売している御朱印ならぬ御城印をもらい、お城の横にあるかかし茶屋の売店を一巡りし、雨の中でも来た甲斐あったねと駅まで戻りました。
宿泊先の古窯へは、駅からの送迎もあるものの時間が合わなかったのでタクシーに乗り、10分程度で到着。



古窯は上山温泉の葉山エリアにある老舗の温泉宿です。
1月の松の内だったので、フロントロビーにはお正月の飾りが華やかでした。
チェックインを済ませると、和服の若いスタッフが館内を説明しながら部屋まで案内してくれます。



風格が漂うロビーラウンジ。



好みで選べる色浴衣や追加アメニティが置いてあるスペース。
その奥は名産品や土産ものなどを扱う売店になっています。



陶器を焼く窯の遺跡を表す「古窯」という名前にちなみ、素焼きの皿に絵付けをする「らくやき」が体験できるコーナーもありました。



各界の著名人のらくやきが館内のいたるところにギャラリーとして飾ってあり、見て回るのも楽しいです。



そして、今回予約した半露天風呂付き和洋室。
ドアを開けて中に入ると、すぐ右がトイレ、正面が洗面所です。



畳敷にソファが置かれたリビングスペース。



硬めで座り心地のいいソファでした。



奥には液晶テレビと空気清浄機。
観音開きの扉はクローゼットになっています。



ソファを境界として向こう側はベッドルーム。



シモンズ製ベッドに、枕も硬めと柔らかめの2種類ありました。



リビング横のお茶コーナー。



テーブルの上のお菓子は多分こちらのオリジナルですね。



マグネットが強すぎて、開ける時どうしても大きな音がするクローゼット(笑)
中には色違いの丹前や、お風呂用のカゴやタオルなど。
大浴場に部屋からタオル持参なのはちょっと面倒ですが、エコ配慮的にはよいと思います。



引き出しの一番上には浴衣の帯と足袋、ソーイングセット。



その下には標準デザインの浴衣が全サイズ分揃っていました。
サイズが豊富なのはありがたいです。



私はチェックインの時に1階で選んだ色浴衣を着用しましたが、何種類も選べる中でこのタイプが一番人気だったようで、どこへ行ってもこの柄にばかり遭遇(笑)
別に問題はありませんが、別の色にしてみてもよかったかなと思いました。



お風呂につながる洗面所。
暗めでトップライトのみなので、入浴前後には落ち着いがあっていいけれど、朝のメイクには不向きなタイプですね。



アメニティは、もし足りなければ1階でもらえますが、自前の手荷物が多い私には必要十分でした。



お風呂は掛け流しでいつでも入れます。
ただ、半露天とまでは言えず、期待には若干そぐわず。
外は遠目の蔵王ビューですが、足元は駐車場や民家なのでさすがに窓全開にもしづらい(笑)
眺めにこだわるならば、同じタイプの部屋でもフロントの真上の「雪の館」ではなく、遠めの「花の館」「緑の館」あたりを指定した方がいいかもしれません。
でも気楽にすぐお湯に浸かれるのはやっぱりありがたいし、久しぶりの温泉を満喫しました。
ちなみに大浴場は朝晩で男女入れ替え制で、私は夜明け前に8階の展望大浴場へ行ってみましたが、湯船が広くて洗い場もたくさんあり、ゆるゆると過ごせました。
明るい時間なら景色も楽しめるのだろうなと思います。



そしてトイレ。
このタイプの部屋は数年前にリノベーション済みなので、全体的にきれいなのもよいです。


日本の宿 古窯
https://www.koyoga.com

上山城
http://kaminoyama-castle.info

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索