0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

category :2021.11 小布施(桝一客殿)

桝一客殿(朝食と散歩)

翌朝も天気に恵まれ、いつものんびり過ごす私たちにしては珍しく、少し早起きして朝食に向かいました。
朝食もホテルのすぐそばにある系列のレストランで提供されます。
11月の好天とはいえ、朝晩はさすがに少し冷え込みました。



部屋を出て1階の通路に出ると、中庭の紅葉が朝日を浴びて鮮やか。



ロビーに向かう通路の横の水盤では、錦鯉がゆったりと泳いでいました。



秋の小布施は人気が高く、日中は観光客や駐車場待ちの車でかなり混雑しますが、朝晩はそんなざわめきが嘘のように静かです。
ほとんど人がいない時間帯の小布施を散策できるのは宿泊客の特権ですね。



この界隈のシンボルツリーでもある大きなメタセコイアの木。
そのそばにあるのが朝食レストランの傘風楼です。



予約制ではなく好きな時間に行っていいとのことで、私たちが行った時は少し混雑していましたが、席には待たずに案内してもらえました。
朝食は卵料理が選べるセットメニュー。
かご盛りのパンは種類も豊富です。



そしていちじくとカシスのジャム。



紅茶とヨーグルト。
ジャムはヨーグルトにも合います。



かぶのポタージュ。



私の卵料理はフリッタータ。
トマトやモッツァレラチーズ、キノコなど私の好きな食材がいろいろ入っていて、食べごたえがありました。



夫はシンプルに目玉焼きをオーダー。
他にエッグベネディクトとスクランブルエッグ、プレーンオムレツから選べます。
朝からしっかり食べて満足。



レストランの前の小径は栗の木で舗装されており、独特の踏み心地で気持ちよく歩けます。



傘風楼の隣にある北斎館。
スター浮世絵師であった葛飾北斎は肉筆画でも多くの傑作を残していて、それらをこの美術館で鑑賞することができます。
こちらも日中は混むようなので、朝食の後すぐに行ってみることにしました。



北斎館ではほとんどの作品が写真撮影OKです。
富岳三十六景で最も有名な「青富士」こと「神奈川沖浪裏」。
浮世絵展などでも何度も目にしていますが、大胆な構図と緻密な細部表現が今見ても革命的で、改めてこの絵はいいなぁと思いました。



「富士越龍」は北斎90歳の遺作とされる肉筆画で、版画とはまた違う迫力があります。
この頃の雅号は「卍」ですが、線表によると「北斎」よりも「卍」を名乗っていた期間の方が圧倒的に長かったようで驚きました。
本名が私の祖父と同じ名前だと初めて知り、勝手に親近感を覚えたりも(笑)



こちらはまた印象の異なる、色鮮やかな菊の掛軸。
花びら1枚1枚の立体感がすごいです。



森羅万象を描いたと言われる北斎の画法や表現の振り幅に、夫と「この人やっぱり天才なんだろうねぇ」と感嘆しながら、例によって気に入った絵からなかなか離れず先に進みません(笑)



最後の展示室には、北斎が天井絵を描いた2基の祭屋台が納められていました。
奥の東町祭屋台には「龍」「鳳凰」、手前の上町祭屋台には「男浪」「女浪」がそれぞれ対で描かれています。



じっくり見すぎてだいぶ時間がかかりましたが、色々な発見もあってますます北斎が好きになりました。



ホテルに戻る前に、昨晩夕食をいただいた小布施堂本店へ。
店頭には美味しそうな栗の和菓子が並んでいます。



その隣にある桝一市村酒造。
私はお酒が飲めませんが、モダンなデザインのボトルが並んでいるのを見ているだけで楽しいです。
夫は自分用に3種のお酒がセットになったぐい呑みセットを購入。
その後、ホテルの部屋に戻って少しゆっくりしてからチェックアウトしました。
来た時と同様、東京へ戻る高速道路もずっと渋滞でしたが、9年ぶりの小布施で遅めの秋と北斎を満喫した週末でした。



小布施堂の「新栗くりかん」。
小布施堂本店での夕食の後に、宿泊予約サイトの会員特典としていただいたものです。
とても柔らかく栗味の濃い水羊羹で、モンブランを食べているような気分でした。



市村酒造で夫が買ったぐい呑みセット。
かわいいサイズなのであっという間に飲んでなくなりました(笑)


桝一客殿
https://kyakuden.jp/
北斎館
https://hokusai-kan.com/

桝一客殿(部屋や夕食など)

11月の初めに、長野県の小布施に行ってきました。
小布施と言えば栗の名産地であり、晩年の葛飾北斎が滞在して創作活動にいそしんだ場所です。
数年前にも夫と訪ねたことがあるのですが、北斎に関わる場所はほとんど見られなかったので、もう一度行ってみようかと久しぶりの遠出となりました。



まずは北斎が描いた鳳凰の天井画がある岩松院へ。
コロナ禍で停止されていた高速料金の週末割引が復活し、秋の行楽日和も重なって、三連休でもないのに関越道は渋滞続き。
拝観時間中に辿り着けるか少し焦りましたが、何とか15時頃に到着しました。
小布施の中心地から少し離れた雁田山の麓にある、ひなびた雰囲気の曹洞宗のお寺です。



一般車用の駐車場から少し歩いて仁王門へ。



靴を脱いで本堂に入ると、その先は撮影禁止です。
本堂の中には北斎が描いた「八方睨み大鳳凰図」の天井画があり、座って鑑賞できるよう何脚もの長椅子が置かれていました。
ちょうど説明が始まったところで、私たちも長椅子の一つに座って拝聴しましたが、お話が上手でとても面白く、最後にはみんなで拍手喝采。
どの角度から見上げてもこちらを睨んでいるように見える鳳凰の天井画は、160年以上も前に89歳の北斎が描いて以来一度も修復されておらず、鮮やかな色彩がそのまま残っていることに驚きました。
岩松院の境内には福島正則の霊廟や、小林一茶が「やせ蛙まけるな一茶これにあり」の句を詠んだ池もあります。
福島正則霊廟は山肌に沿って不揃いの石段が積み上げられた先にあり、冬季は閉鎖されるそうです。
ほんの数十段ですが一段一段が高いので意外と上り下りが大変で、翌日軽い筋肉痛になりました(笑)



岩松院から車で15分ほどで、宿泊先の桝一客殿に到着。
小布施堂や桝一市村酒造場を経営する桝一グループのホテルです。
車は玄関前に停車してスタッフにキーを預けるバレーパーキング方式。
前回もこちらにお世話になりましたが、降雪の可能性ありで電車での来訪でした。
あれは4~5年前かと思いきや、確認したら9年も経っていることに気づき、またまた驚愕。



フロントロビーでチェックイン手続き。
スタッフから夕食時間の確認と周辺地図の説明があり、その後部屋へ。



桝一客殿の部屋には番号や名前がなく、それぞれに北斎の絵が割り当てられています。
今回予約したのは「リラックス型ツイン」タイプで、部屋は2階にある「桶屋の富士」でした。
(正式名称は「尾州不二見原」というそうです)
前回は「赤富士」の部屋だったなぁと思い出しました。



部屋に入るとすぐ右手に、洗面エリアと向かい合わせのクローゼット。



洗面台はゆったりとしていて、横長のステンレス台はマグロでもさばけそうな広さでした(笑)
椅子も用意されていて親切。
部屋に行かずに、ここを通り抜けてバスルームにショートカットできるのも動線としては使いやすいです。



シンクが小さくて深めなので、手を洗うにはいいですが顔を洗う時に蛇口におでこがぶつかってしまうのは要注意。
私だけかもしれませんが(笑)



砂糖問屋の土蔵を移築して作られた部屋は天井が高く、程よい広さとお籠り感があって寛げます。



この日の日中は東京とさほど変わらず暖かかったのですが、朝晩は10℃を下回る肌寒さ。
それでも、床暖房のお陰でエアコンを使わなくても快適でした。



掃き出し窓の外には箱庭のようなバルコニーが付いています。



椅子とテーブルの他にオットマン付きのソファもあり、夫のお昼寝スペースに最適(笑)



部屋に案内してくれたスタッフが、小布施堂の秋の生菓子「市田」とお茶を届けてくれました。
一瞬干し柿かと思いましたが、干し柿に見立てた栗餡の餅菓子です。



ルームキーには部屋の入口と同じ「桶屋の富士」の絵が描かれていました。
だいぶ色が薄くなってしまってますが(笑)
これを見せれば近隣の店での食事や買い物の清算を部屋付けにできます。



アラビアのコーヒーカップとお茶セット。
コーヒーはドリップではなくプレス式です。



小さな冷蔵庫にはお水やジンジャーエールなどのフリードリンク。
夫は夕食前にビールをいただきました。



奥の廊下のつき当たりはガラス張りのバスルーム。



そして浴槽もガラス張り(笑)
木造りでは温泉っぽいし、普通のバスタブではシティホテル風になるということで、こんなモダンな形になったそうです。
浴槽は広く深さもありかなりの容量ですが、蛇口からすごい勢いでお湯が出るので、意外と早く満杯になります。



バスルームの横のトイレ。
手洗いシンクもついた広めのスペースです。



桝一客殿の12の客室は何棟かの蔵に分かれていて、ロビーや蔵の間は屋外通路で繋がっています。
部屋を出て階段を下りると、そこはもう外。



正面がロビーのある建物、右手は蔵造りの客室、左手にはライブラリー。
食事は近隣の系列店で提供されるため、いったんホテルの外へ出ます。



敷地内の裏道を通って、夕食場所の小布施堂本店へ。
ホテル内もそうですが、基本的に最小限の明かりしかないため夜はかなり暗く、癒しの空間ながら足元には注意が必要です。
途中の広場では、ライトアップされた煙突がレトロでいい雰囲気。
この広場に面したモンブラン専門店「えんとつ」は予約もテイクアウトもできないお店ですが、桝一客殿の宿泊客はフロントで予約可能とのことでした。
夫があまり乗り気でなかったので諦めたものの、小布施の栗を使ったモンブラン、予約して食べればよかったなとちょっと後悔。



小布施堂本店は栗菓子のお店ですが、奥に食事処があり、そこで夕食をいただきます。
表は既に閉店し、夕食時は桝一客殿宿泊者のみ利用可能とのことで、正面ではなく横の入口から入るようになっていました。



会席仕立ての夕食コースの始まりは、長芋寄せに甘海老を乗せた一皿。
一緒に運ばれてきた小鉢は、枝豆と自家製の松前漬けです。



栗の茶巾絞り。
今年の新栗を使い柚子風味の葛餡をかけたもので、栗そのもののような味わいです。



鰹の柚子胡椒オイル。



お品書きにはありませんが、サービスで栗の天ぷらを出してくれました。
ほくっと柔らかいサツマイモのような食感で、塩でいただくととても美味しかったです。



そば豆腐の揚げだし。



〆鯖の菊和え。
ポーションはどれも小さめですが品数が多いので完食は難しいと思い、夫に少し食べてもらったりしていたら、フロアスタッフが察して、途中から私の分は量を少し減らしてくれました。
ありがたいです。



鯛の卵けんちん。
料理名からけんちん汁のようなものを想像していたら全然違いました(笑)
添えられているキノコは信州産の霜降ヒラタケというそうです。
秋の長野は山の食材の宝庫ですね。



肉団子の炊合せ。
大きな丸い肉団子にお出汁がよく染みてほっとする味わいです。



そして、ご飯より栗の割合が多く何とも幸せな栗ご飯。
これも少なめに盛ってもらいましたが、ほのかに効かせた塩味に栗の甘さが引き立ち絶品でした。
栗は大好物なのに栗ご飯はあまり好きではない夫も、これはうまいと絶賛。



最後に、フルーツのゼリーかけ。
ナガノパープルにシャインマスカット、メロン、梨と盛りだくさんです。
秋の小布施ならではの、栗をふんだんに使った料理を堪能し、お店を出たら外はぐっと冷え込んでいました。



また裏道を通ってホテルに戻ります。
桝一客殿の玄関前は大型バスの駐車場ですが、朝晩は車も停まっておらずとても静か。



部屋に戻る前に、文庫蔵を改装したライブラリーに寄ってみました。
ここは24時間利用可で、読みたい本を部屋に持ち込んでもよいとのこと。
浮世絵や日本画の画集、文芸本、信州の文化や歴史など、いろいろなジャンルの本が取り揃えてありましたが、特に北斎の肉筆画集が素晴らしかったです。
夫と「北斎って浮世絵版画だけじゃなくこんな絵も描くんだね」としばし感嘆しながら見入りました。


岩松院
https://www.gansho-in.or.jp/
桝一客殿
https://kyakuden.jp/

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索