0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

category :2019.05 上山(名月荘)

名月荘(館内、食事など)

妹と姪が夕食の前に温泉に行ってくるというので、私と夫は館内の探検に出かけました。



離れから渡り廊下を通って本館の2階に上ると、椅子のあるこじんまりとしたスペースとテラスが。
傾斜地のためか階段を上り下りしてもその先にまた庭があったりして、ちょっと迷路感のある館内です。



その左手には、大浴場へと続く明るいサロン。



ここの廊下にも椅子が置いてあり、どこでも寛げるように趣向が凝らされています。



湯上がりサロンでは、思い思いの場所でコーヒーやお茶を楽しめるようになっていました。
この時は他にお客さんがいなかったので、運よく貸切状態。



カウンターに用意されたコーヒーカップとエスプレッソマシン。



冷たいお茶は、オーガニックマンゴーブラックティー。



大浴場の前のテーブルには山形名物の玉こんにゃくが。
そういえば仲居さんが夕方までは玉こんにゃくのサービスをやっているのでどうぞと言っていました。



楢下宿の丹野こんにゃくの玉こんだそうで、そりゃおいしいよねといただきました。
いつの間にか妹と姪もやってきて、玉こんに舌鼓。



テーブルにはかりんとうもあり、姪が気に入ってやたらと食べていたので、後で夫が売店で買ってあげていました(笑)
結局両親も合流し、しばらくはこのサロンでまったりと歓談。



サロンの横には図書室があり、カウンターでじっくり本を読むこともできます。



壁際の本棚に書籍が並んでいました。
部屋の他にも、色々な場所で好きなように時間が過ごせるのはいいですね。



その後、夫と私は階段の下の酒蔵に夕食のお酒を見に行きました。



ひんやりとした酒蔵の中には、山形産を中心に、様々な日本酒やワインが置いてありました。
あくまでも宿での食事の際に飲むものを選べるということで、買って帰ることはできないそうです。
私たち6人の中でお酒を飲むのは夫と父だけなので、これがいいかなと小さめの日本酒を選び、そこに置いてある紙に銘柄を書いてスタッフに渡しました。



食事は基本的に部屋食ですが、仲居さんに「眺めのいい個室ダイニングが空いているのでそちらでいかがですか」と薦められ、その方が気楽かなとそうすることにしました。
本館フロントの横にある階段を上ると、その2階にダイニングがあります。
階段の横には年代物らしいデスクと船の模型。



夕食は会席料理で、本日の献立を書いた紙が用意されていました。
先付は「槍烏賊甘煮、ゆき菜の花胡麻和え、若布ゼリーかけ」。



続いて、お品書きにはありませんでしたが、宿からの金婚式祝いということで鯛の塩焼きをいただきました。
見た目も豪華ですが、味も絶妙な塩加減でとてもおいしかったです。



出汁が別添えになった「貝寄せ椀」。



貝殻を開けて出汁を注いていただく、上品な一皿です。



「鯛と鮃、羽太の造り」
長い菖蒲の葉が立てて添えられ、お洒落なあしらいになっていました。
写真では完全に切れていますが(笑)



「山形牛ステーキ、甘藍サラダ」
甘藍とはキャベツのこと。
お酒を飲んでいない女性陣にはこのタイミングでご飯を出してくれました。



塩と醤油でいただくステーキは柔らかくて美味。
焼き加減は事前に一人ずつ確認してくれます。



次の「薇がんも」は大皿での提供でした。
薇はゼンマイと読むのですが、こんな難しい漢字なのねと感心しました。



「本鱒焼酢浸し」
ほの甘く酢浸しにした鱒も玉ねぎもおいしかったのですが、小食の私はそろそろ満腹に。



「名月荘うどん」
父と夫にはご飯とお漬物を添えて。



「苺みるく、抹茶あんみつ」
お腹いっぱいなのになぜかデザートは入る不思議(笑)



その後、別で頼んでおいたお祝いのケーキが運ばれてきました。
両親がろうそくの炎を消すところを動画に撮ったのですが、妹がここぞのタイミングで「ハックション!」とくしゃみをするという締まらなさ(笑)
ケーキはさすがに今は無理ということで、部屋の冷蔵庫に入れておいてもらいました。



部屋に戻ると、それぞれの部屋に布団の用意が。
本間と次の間は、開け放つと完全に修学旅行の雰囲気です(笑)



そして、姪が持ち込んだ猫のぬいぐるみがいい味出してました(笑)



夕食後は妹や姪と温泉へ。
大浴場の後、貸切湯が空いていたのでそちらにも行ってみました。
予約不要で、空いていれば使用中の札をひっくり返し、中から鍵をかけて使うスタイルです。



湯船につかりながら近況を話し合ったり、姪の独特な恋愛観に爆笑したり。
ちょうどよい広さの貸切湯で、ひと時の女子旅気分を味わいました。
部屋に戻ると夫が本を読みながら寝落ちといういつもの光景(笑)



朝は部屋の半露天風呂へ。
露天はやっぱり夜より朝がいいですね。
両親は早起きして散歩に出かけたようでした。



朝食も昨晩と同じ個室ダイニングで。
フロントの2階に上がると、サロンのようなスペースを囲む形で3室ほどの個室が並んでいます。



夜は暗くて見えませんでしたが、朝は大きな窓から山々がよく見えました。



朝食は釜炊きのご飯に合う和食。



最後にヨーグルト掛けのフルーツ。
ほどよい量で胃に優しい、おいしい朝食でした。



部屋に戻り、リビングのテーブルでコーヒーと一緒に改めて昨日のケーキを。
フルーツたっぷりの甘すぎず軽いケーキで、思ったよりもたくさん食べられました。
それにしても、食べてばっかりです(笑)
リビングに置いてあったクッキーや、特別プランだという冷蔵庫のフリードリンクも満喫しました(主に姪が)。



11時少し前にチェックアウト。
大人数でお世話になりました。



私は行かなかったのですが、こんな談話室もあったよと妹が写真をくれました。
貸切露天風呂や蔵のギャラリーなど、時間があればまだまだ楽しめる施設があるようです。



自然に恵まれた環境で、料理と温泉を楽しんだ滞在でした。
帰りの新幹線で、母から「今思えばあっという間の楽しい50年でした。これからもお父さんと仲良くがんばります!」とのメッセージが。
そうだね、仲良くしてください(笑)
金婚式おめでとう。


名月荘
https://www.meigetsuso.co.jp/

名月荘(部屋など)

ゴールデンウィークの終盤、実家の両親の金婚式祝いで、山形県上山市の名月荘に宿泊しました。
両親は当日まで北陸旅行、妹親子も仕事や学校の都合で忙しく、私たち夫婦を含め6名の予定とお宿の空き状況が奇跡的に一致して実現したのでした。
まあ、もっと前から予定を合わせておけばいいのにという話ですが(笑)



新幹線で山形に向かった私たちを妹が迎えにきてくれ、その後金沢から戻ってきた両親と合流し、宿に向かいました。
名月荘は上山市内の葉山温泉郷に位置し、見晴らしの良い山の斜面にあります。
駐車場に車を停めるとすぐに係の方が案内してくれました。
エントランスはほどよく落ち着いた雰囲気です。



すぐ横には眺めの良いロビーラウンジ。
デザイナーズチェアが素敵です。



その横のサロンでチェックイン手続きをしました。



ウェルカムドリンクの山葡萄のジュース。



客室棟につながる廊下の途中には売店があります。
ここを通り抜けた引き戸の先、左手には夕食時に提供するお酒を保管する蔵が。



右手には、今回予約した客室に向かう渡り廊下がありました。



エントランス棟を庭越しに眺めながら離れの客室へ。



離れの廊下にも、ちょっと座って休めるコーナーが用意されていました。
館内にはあちこちにこんな椅子があって、散策し甲斐があります。



廊下のつき当たりが、予約した「柊」の部屋。
この宿の最大客室で、昔の名月荘から移築してきた唯一の部屋だそうです。



ドアを開けるとすぐ、洋室のリビング兼ダイニングがありました。



天井が高く、テラスも付いているので明るい雰囲気です。



ちょっとした食器類やお茶とコーヒーが用意されていて、みんな何となくここに集まる形になっていました。
Wi-Fiルータもこの部屋にあるため繋がりやすく、姪のスマホタイムも専らここで(笑)



リビングの奥にはもう一つ引き戸の入口が。
ここで靴を脱いで畳の廊下に上がります。



ここが部屋の玄関でもいいくらいの立派な造りです。



廊下自体も十分に広いのですが、この先に和室が3室。
6名が一部屋に泊まれて、なおかつほどよくプライバシーも保てるという、私たちには理想的な客室でした。



12.5畳の本間。
仲居さんがまずはここに案内し、お茶とお菓子を用意してくれます。



その奥には8畳の次の間。



夜更かしの姪がこの部屋がいいというので、ここは妹と姪の寝室に。
一段下がった広縁も付いています。



本間から廊下を挟んだところに、もう一つの次の間。
ここも8畳ですが、独立した部屋なので他の部屋よりは少し狭く感じました。



とはいえ床の間もあり角部屋で景色も臨めるきちんとした部屋です。
今回の主役である両親が「ここが落ち着く」と言って陣取ったため、なぜか幹事的役割の私たちが一番広い本間を使うことになりました(笑)



本間と次の間、廊下の襖を開け放つとかなり開放感があります。
もはや一軒家レベルの広さに、最初はみんなテンションが上がって逆に落ち着かず、しばらくの間うろうろしていましたが(笑)



仲居さんが出してくれた柏餅とお茶を頂き、一息ついた後、うろうろモードのまま部屋の探検です。



この部屋には掛け流しの半露天風呂がついていて、その横に洗面所があります。
当たり前ですが、コップの数が多い(笑)



庭に面した半露天風呂。
季節柄、菖蒲湯の用意がしてありました。
後で父が入っているときに母が庭から覗いて大受けするという、金婚式を迎えてなお子供のような両親(笑)



もう1つの洗面所はトイレの横に。
ちなみにトイレはここを含めて2箇所あるので、6名でも困ることはありませんでした。



部屋から見える蔵王連峰。
ゴールデンウィークの最後にこんな部屋でのんびりできたのはよかったです。
正確には、のんびりというには少々騒がしかったですが(笑)


名月荘
https://www.meigetsuso.co.jp/

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索