041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

category :2017.11 箱根(界 箱根)

界 箱根(食事など)

夕食は18時または19時半から。
チェックインの時に苦手な食材を聞かれますが、記録も残っていたようなので、界熱海か星のや富士かどこかに泊まった時の情報が星野リゾート系列で共有されているようです。



ロビーの奥にある階段を上り、食事処に向かいます。
食事処は上部が開いている半個室形式で、通路とは格子戸で仕切られていました。



夕食はスタンダードな「季節の会席」です。
先付けに、燻製サーモンの和風パリソワール。
じゃがいものヴィシソワーズにコンソメジュレを混ぜた冷たいスープです。
かき混ぜて食べると、スモークサーモンと紫蘇のような香りが印象的。



先付けと一緒に出された、季節の八寸。
カラッと揚げた茸やもっちりした蓬麩の胡桃田楽、しっとり香ばしい落花生甘煮、つるりと頂く長芋すり流しなど、様々な歯ごたえが楽しい八寸でした。
デザートのようなぶどうの白和えも面白い。



夫はもちろん日本酒を。
銘柄は忘れましたが、錫のような酒器が上品で素敵です。



お椀は、錦秋鶉進上に振り柚子。
ごぼう入りの進上もさることながら、色を付けて柿を模した鶉の卵がかわいらしくて秀逸。



お造りは赤と黒のプレートの二段重ねで運ばれてきました。
これだけ別のお品書きが用意されているという丁寧さ。
海老には卵黄味噌漬け、伊佐木には蕗山椒、太刀魚には梅、とそれぞれに凝った味付けがされています。
どれも一口サイズなのが私にはちょうどいい。



黒いプレートを持ち上げると、その下の赤いプレートには勘八のカルパッチョ仕立て。
お品書きに書かれていない八品めとして、本日のおもてなしだそうです。



揚げ物は、鮭の幽庵漬けと松茸の袱紗焼き。
パリパリした皮の中で、ほのかに松茸が香ります。



蓋物、茄子の葛饅頭と海老の芝煮。
黄色い餡は雲丹と菊花です。



ここで、台の物として豆乳メレンゲ鍋がセッティング。
そろそろお腹いっぱいになってきました。
スタッフが「私たちも試食するんですが、女性には割と量が多めかもしれませんね」とのこと。
一品の量は控えめですがかなりの満足感です。



できあがったお鍋をよそってくれました。
豆乳ベースの出汁に野菜がたっぷりで、泡立てた卵白が絶妙のマッチング。
もう食べられないと思っていましたが、これがまたおいしくてついつい食べてしまいます。



夫も「これはうまいな」とかなり気に入って、お鍋の残りはほとんど一人で食べました(笑)



併せて出される白飯と止め椀、香のもの。
ご飯はほんの少しにしてもらいました。



最後の甘味は三種類から選べます。
私はほうじ茶のクレームブリュレ。



栗好きの夫は、黒蜜ムースと栗甘露煮。
もう本当にお腹いっぱいですが、全体的にとても私好みの会席料理でした。
ごちそうさまでした。



階段を下り、ロビーラウンジへ。
ここは夜も寛げそうです。



夜だけここに置くんですよ、とスタッフが提灯を運んできました。
宿場町箱根の雰囲気がいいですね。



ロビー棟の外の喫煙所。
さすがに夜は少し肌寒いです。



中庭を通路が取り囲む宿泊棟。



エレベーターのある通路と部屋が少し離れていて、何となく落ち着ける配置です。
どこにいても川のせせらぎや山の木々のざわめきが聞こえ、癒されます。



翌朝、宿泊棟の地下にある大浴場に出かけてみました。



早い時間だったので先客は1名のみ。
脱衣所は広々としていて、タオル類やアメニティも揃っています。
大浴場はWEBの写真通りの半露天風呂で、額縁のような山の景色がきれいでした。
紅葉の時期だと更に素敵でしょうね。



男女の湯殿は朝晩で入れ替わりますが、その間に湯上り処があり、冷たい黒豆茶やぶどうジュースなどが用意されていました。



部屋に戻り、身支度をして朝食へ。
昨晩と同じ食事処です。



鯵の開きは塩麹漬けにしてあるそうで、ほどよく下味がついています。
お餅とはんぺんを合わせて餡をかけた「力はんぺん」がとてもおいしかった。
「富士山に日の出」の器もかわいいです。



お味噌汁は火にかかった状態でスタンバイ。



旨みたっぷりの茸のお味噌汁でした。
茸だけなのにこんなにおいしくなるとはと、またまた夫が気に入ってすっかり飲み干しました。



朝のロビーラウンジは爽やかです。
ここで食後のコーヒーも良さそうですが、先客もいたので部屋でゆっくりすることにしました。



湯本は箱根でも標高が低いので紅葉の季節はもう少し先のようですが、よく見ると少しずつ湯坂山の木々が色づいているのがわかります。
どんな季節でも、やっぱり山はいいですね。



居心地のいい部屋で存分に寛いだあと、チェックアウトして宿を出ました。
来た時とは逆の強羅方面に向かって車を走らせます。
山道の途中ではところどころで鮮やかな赤や黄色の木々を見ることができました。



仙石原の「すすき草原」に寄ってみました。
秋だけ仮設されるらしい臨時駐車場に車を停め、人の流れに沿って歩いていくと、ススキに覆われた広い斜面が見えてきます。



草原の真ん中を遊歩道が一本通っていますが、見頃だけあってさすがにこの人混み(笑)



それでも、逆光に照らされて金色に輝くススキの穂はとても綺麗でした。
夜になると遊歩道の小さな提灯に明かりが灯るとのこと。
それも素敵そうだし、太陽の光が斜めに差し込む朝や夕方も美しい光景が見られそうです。


星野リゾート 界 箱根
http://kai-ryokan.jp/hakone/

界 箱根(部屋など)

11月の初め、久しぶりに箱根に行ってきました。
連休ということもあり東名高速は案の定渋滞でしたが、このところ週末のたびに雨模様だったのがようやくすっきりと晴れて、気持ちのいいドライブ日和となりました。
東京をのんびり出発して、箱根湯本には14時前に到着。
箱根新道を須雲川インターで下り、旧東海道から細く急な坂道をそろそろと下っていくと、宿泊先の界箱根です。



チェックインは15時なので、部屋の準備が整うまでロビーで待つことに。
箱根の伝統工芸品、寄木細工が展示されたギャラリーと並行して、長いソファが設置されています。
ウェルカムドリンクのオレンジジュースがおいしい。



ロビーラウンジの奥にはエスプレッソやお茶も用意されていました。



コーヒー好きの夫はすぐさまエスプレッソを。
時折鳥の鳴き声も聞こえる、居心地の良いロビーラウンジです。



飾られている寄木細工は手に取って眺めることができます。
こんなモダンなデザインもあるんですね。
最近、各地の伝統工芸品の美しさや技の素晴らしさについつい目が行く私たち夫婦です。
後で、併設のショップで小さな寄木のストラップを買いましたが、日本各地のストラップやキーホルダーが我が家にいくつあることか(笑)



14時半頃、時間より早く部屋に案内してもらえました。
ロビー棟から渡り廊下でつながる宿泊棟の4階角部屋、箱根寄木の間。
露天風呂のついた、去年できたばかりの新しい客室です。
ドアを開けると、広々とした玄関ホール。



すぐ左側の引き戸を開けると洗面所です。



ハンドソープやクレンジング、化粧水など、オリジナルブランドのボトルで用意されています。



壁付けの棚があって、持ち込んだ洗面用具を置いておけるのはいいですね。



棚には二つの風呂敷包みが。



中にはアメニティのセットが入っていました。
風呂敷は持ち帰り可能で、ボトルの包み方やバッグとしての使い方がリーフレットに図解してあります。



洗面所横にはトイレ。



玄関ホールから2~3段の階段を上るとベッドルームです。
少し暗めの室内に何箇所か段差があるので、目の悪い人は少し注意が必要かもしれません。



ベッドの足元側の壁には、デスクドレッサー。
独立した照明もついていて、とても使いやすいです。
左側にはクローゼット。



クローゼットには浴衣の上に羽織る丹前と、寒い日用の上着が用意してありました。



浴衣はリネン製。
敢えて糊をかけず柔らかく仕上げたとのことで、着心地の良い浴衣でした。



スタッフに頼めば作務衣も持ってきてくれます。
元々浴衣がそれほど得意ではないので、温泉や食事に行くとき以外、室内で着れてパジャマ代わりにもなる作務衣はとても助かりました。



ベッドルームの隣にはリビング。
こちらも照明を抑えてゆったりとした空間が何とも落ち着きます。



最初はテレビがずいぶん大きいなと思いましたが、ソファから距離があるため意外にちょうどよかったです。



箱根のご当地部屋ということで、寄木細工のアートが壁にかかっていました。
近くで見るととても手の込んだデザインですが、遠目には立方体が浮いているようにも見えて面白いです。



ティッシュカバーも。



部屋の鍵も市松模様の寄木細工でした。
木でできたものは手に馴染みますね。



リビングの端にはお茶コーナーがありました。
ミネラルウォーターやお茶は無料、棚の中の冷蔵庫に入っているものは有料です。
夫はお風呂上りに冷蔵庫のハートランドを1本。



お茶は紅茶と緑茶です。
ころんとしたカップがかわいい。



リビングとテラスの間にある細い引き戸の向こうはシャワールーム。
洗面所と離れているのは不便かと思いましたが、使ってみるとそうでもなかったです。



ただ、脱衣所の外壁がガラス張りなのは何となく落ち着かない(笑)
シャワーブースも露天風呂もどうせ裸なので同じことなのですが。



シャワーは手持ちと固定があって使い勝手のいい作り。
ガラスの扉を開ければ直接テラスの露天風呂に出られます。



リビングからテラスを見るとこんな感じです。



掃き出し窓を開けると、須雲川のせせらぎに包み込まれるよう。
テラスには少しだけサイズの違うサンダルが2足用意されていました。



新しい部屋なので、浴槽もまっさらな木の質感。
お湯は循環式のようです。
森林浴さながらの気持ちの良い露天風呂でした。



テラスのソファもちょうどいい硬さで座り心地がよく、夫はしばらくここで横になりうとうとしていました。
まあ温泉に来るとお風呂と食事以外はほとんどごろごろしている夫ですが(笑)



部屋から見下ろす須雲川の流れ。
紅葉にはまだまだ早かったですが、暑くなく寒くもなく、温泉に浸かったりテラスでのんびりするにはいい季節です。


星野リゾート 界 箱根
http://kai-ryokan.jp/hakone/

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索