041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

category :レストラン・カフェ

COTTON CLUB(コットンクラブ)

3月末、久しぶりに丸の内のコットンクラブへ行ってきました。



この日はクラシックギタリスト村治佳織さんのデビュー30・31周年アニバーサリーディナーショーです。
昔から村治さんのギターが好きで、勢いでYAMAHAのサイレントギターを手に入れ独学で爪弾いたりしていた(そしてその後ずっと分解収納状態・・・)のですが、コットンクラブで聴けるなら行くしかないと半分強制的に夫を動員しました(笑)



TOKIAの2階通路からの入口は秘密のドアのようで、毎回わくわくします。
以前は受付でチェックインしウェイティングスペースで席への案内を待つ形でしたが、いつの間にかメールでの座席位置指定に変わっていて、スタッフに見せるとすぐにテーブルに案内してもらえました。



今回の席はボックスシート・サイドで、ステージに向かって左手壁際にあるL字型ソファ席です。
コットンクラブやブルーノートは、200席弱ぐらいで親密感のあるライブを楽しめる空間がとても好きなのですが、ステージに近いテーブル席より周辺に配置されたソファ席が落ち着けるので気に入っています。



チケットはディナーコース込みで、開演の1時間以上前には席に着いて食事を先に済ませる流れです。
スパークリングワインが付きますが、私はノンアルドリンクに替えてもらいました。



アミューズは豆乳と湯葉のムース、桜海老のマリネ。



前菜はサクラマスのクリュ、春のサラダ仕立て、グリーンペッパーの香り。
クリュってワインの等級や格付の言葉かと思っていましたが、フランス語で「畑」なんですね。
確かに春の畑を思わせるような一皿です。



夫は本日おすすめの白ワインをデキャンタでオーダー。
なぜか注ぎ方が日本酒にしか見えないのですが(笑)



メインは国産牛フィレ肉のポワレ、ソースモリーユ、温野菜添え。
小さめポーションの牛フィレは、たまに美味しいお肉を食べたい少食人間には満点のセレクトです(笑)
焼き方は聞かれませんでしたが、中までうっすら火が通った瞬間のミディアムというこれまた私好みの仕上がりでした。



デザートは桜のティラミス。
追加でコーヒーとハーブティーを出してもらいました。
直後に会場が暗転し、颯爽と村治さんが登場。
この日は3日間のライブの初日で、前半が村治さんのソロ、後半がジャズピアニスト大林武司さんとのデュオという構成でした。
ソロではギター1本でここまで多彩な音が出せるのかとその表現力に魅了され、デュオではジャズならではの即興演奏も織り込まれて自然に身体が動くような楽しさ。
アンコールも含めてあっという間の、とても贅沢なライブでした。



余韻が残る終了後のステージ。
やっぱり村治さんのギターは素敵だなあとうっとりする心持ちで席を立ちました。
ピアノもあんな風に自由自在に弾きこなせたらどんなにか楽しいだろうな。
私ももっと練習しよう。



そして、ほぼ強制的に連れてこられた夫は村治さんのギターの素晴らしさに惚れ惚れした様子で、帰りにロビーでCDを購入。
ファンを一人増やしました(笑)


COTTON CLUB(コットンクラブ)
https://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/

銀座鰤門

妹と豊洲のチームラボを満喫した後、いとこが予約してくれた銀座鰤門(しもん)で待ち合わせ、3人でお寿司ランチをいただきました。
「銀座のお寿司屋さん」というパワーワードに若干畏れをなす妹でしたが、店内は程よくモダンな雰囲気で必要以上にかしこまった感もなく。
奥まった個室に腰を落ち着け、場慣れした敏腕営業マンのいとこがサクサクと注文を仕切ってくれて、ランチスタートです。



まずは、からすみを乗せた胡麻豆腐。



続いて生牡蠣。
いとこの大好物です。



私と妹は牡蠣が食べられないと最初に伝えたら、数の子に変更してくれました。



海老と縮みほうれん草のお浸し。



お造りは、真鯛と灸鰹(ヤイトガツオ)。
鮪のような鰹でスマとも呼ばれる高級魚です。



鰛(マナガツオ)の柚庵焼き。



そして、珍しい角切りのガリ。
これが本当においしく、いたく気に入った妹はあっという間に完食しておかわりをもらっていました。
ここからは握りの登場です。



連子鯛(レンコダイ)の握り。
さすがの旨さに3人とも言葉もなく唸る(笑)
お寿司はすべて、それぞれのネタに合わせた煮切り醤油や塩で味付けしてあるため、醤油皿はありません。
シャリを小さめにというリクエストへの対応もありがたいです。



中トロと小鰭(コハダ)。
テンションも上がって、この辺りから怒涛の自撮り写真撮影会となりました(笑)
いとこは当初カウンター席を考えていたようですが、個室でよかったです。



海老の昆布締め。
尻尾も外してくれる優しさ(笑)



鰆と鰤。
お寿司で鰆って初めて食べた気がします。
鰤アレルギーのいとこには烏賊を。



平貝。
少食胃弱の私はそろそろ無念のセーブモードに入ります。
でも親戚筋の近況やあるあるネタなどで話は尽きず大盛り上がり。



雲丹は「海苔がパリッとしているうちに、お早めにどうぞ」とのこと。



いくらご飯。
敢えて軍艦ではなく趣向を変えているのがお洒落です。



穴子は実家の母の大好物なので「持って帰る?」と軽口も(笑)



干瓢巻と玉子。
食べきれなくても軽く引き受けてくれるいとこと妹が頼もしい(笑)
2人は追加で好物の握りをそれぞれ2貫お願いし、食事としては終了です。



小さなお椀のしじみ汁。



そして最後にわらび餅とほうじ茶。
お腹がいっぱいだーと思いつつ、柔らかめのわらび餅はなぜかするっと入ってしまいます。
銀座のお寿司も何年かぶりでしたが、さすがいいお店を知ってるなぁと感心しきり。



結局「カジュアルで安くても旨い店はあるけど、こういうちゃんとした店の味も知っておいた方がいいぞ」と格好良く言い放ったいとこに、すっかりご馳走になってしまいました。
おそらくお昼のお品書きの中でもかなりいいランクのコースだったのではと思います。
私と1歳違いの兄貴分ですが、もはや頼れる伯父様の風格(笑)
最後にわざわざ銀座和光が見える場所まで移動して「はい、田舎から来た人こっち向きに並んでー」「田舎って言うな(田舎だけど笑)」と観光客風の記念撮影までしてお開きとなりました。
楽しい時間とおいしいお寿司をありがとう。


銀座鰤門
https://www.seamon.jp

REVIVE KITCHEN THREE HIBIYA、アートアクアリウム美術館GINZA

8月末の日曜日、学生時代の友人たちと久々に会うことになりました。
数年ぶりの東京出張が決まったという友人が声をかけてくれて、じゃあせっかくだからみんなで会おう!と女子会ランチを設定。
残念ながら1人は都合が合わず、コロナ禍を経て3人での再会です。



ミッドタウン日比谷の2階にあるREVIVE KITCHEN。
コスメブランドのTHREEが経営するカジュアルなヘルシー志向のカフェです。
先に合流した横浜在住の友人と近況など話しながら待っていると、時間ギリギリに、大きな荷物とスーツケースを引いたもう1人の友人が息を切らし気味で到着。
なんでも、東京駅に到着して会社へのお土産を先に買い込んだものの、ロッカーが空いておらず、仕方なく全荷物を持って京浜東北線に乗り込んだら有楽町駅を通過して浜松町まで行ってしまい、「別に間違えたわけじゃないのよ」と謎の余裕オーラをかましながら山手線で戻ってきたとのこと。
相変わらずだなぁと笑いながら、3人で窓際の席に案内してもらいました。



こちらのシグネチャーメニューが「夏野菜のベジミールスタンド」。
細いお箸と木のスプーンが用意され、前菜の位置づけなのか「本日のコンブチャ」と「黒胡麻豆腐精進だし餡」がテーブルに置かれました。
口頭の説明だと「昆布茶」に聞こえてしまうのですが、コンブチャは植物性の発酵ドリンクでほんのり酸味あり。



続いてスタイリッシュな黒い二段スタンドが3人分。
フリットやキッシュなど温かいものはお早めにと、スタッフが一通り説明してくれます。



その後、ご飯とすまし汁も揃うとテーブルの上がピクニック状態になりました(笑)
早めにと言われているのに写真や会話で盛り上がってなかなかスタートせず。
食べ始めてからも、最近行った夏フェスやライブの話、子供の部活のこと、仕事のこと、職場で茄子を山ほどもらった話、最近抜いた親知らずのこと、いつもながら話にキリはありません。



それぞれの量は少ないものの種類が多いため覚えていられず、「これ何だっけ?」といちいちメニューカードを確認。
しかも「最近小さい文字見えづらいんだよねー」とカードの焦点距離がどんどん遠くなり(笑)
その間も胃カメラやらインプラントやら麻酔やら美容クリニックやら話題は尽きず、最終的に「あれ、このスプーンはいつ使うのが正解だったんだ?」とか言いながらランチ終了しました。
野菜メインのヘルシーなメニューでしたが、我々大人世代にはなかなかの満腹感。
個人的には、二大「食べるのが難しかったで賞」の「焼き茄子とオクラのテリーヌ」と「玉蜀黍のヴルーテ出汁ジュレと豆乳フェッテ」が印象的でした。



店を出て、さっき窓から見えた隣のビルのGODIVA cafeへ移動。
テイクアウト主体でイートインスペースは少し手狭でしたが、何とか3人が座れる席を見つけてお茶タイムです。
それぞれ「ショコリキサー」「コーヒー&トリュフチョコ」「カカオティー&トリュフチョコ」と、何となく昔からの好み通りの選択。
そのうちお隣の女子2名のテーブルに運ばれてきたアフタヌーンティーセットを横目で眺め、「やっぱおいしそうだね」「ティースタンドだとテンション上がるね」とヒソヒソ盛り上がり(笑)
ここでも何だかんだと話をしてひとしきり笑い、ひとまずお開きとなりました。

友人の1人は横浜に戻り、大荷物を持った友人と二人で「さすがに夕食には早いしどうしようか」と道端で思案。
ふと思い出して、銀座三越の新館にあるアートアクアリウムへ行ってみることにしました。



入口で荷物を預かってもらえるかと思いきやNGで、先に三越内のロッカーを調べておくべきだったと反省。
「わー、金魚きれいだねぇ」と喜んではくれましたが、友人には重い荷物を持ったままで面倒をかけてしまい申し訳なかったです。



アートアクアリウムはだいぶ前に期間限定でやっていた頃に日本橋で観ましたが、今は銀座で常設展になっているようです。
日曜の夕方ということでかなりの人が来ていました。



それでも照明が暗めなので他の人は映り込みにくく、写真は撮りやすいです。



展示の規模も、以前より少し大きくなっていたかもしれません。



常設になっても、涼しげな金魚は夏の雰囲気によく合いますね。
そしてフォルムがやっぱりかわいい。



出口にあった関連グッズの売り場をひと巡りし、夕食はお惣菜でも買ってホテルで食べるということで、地下の惣菜売り場で買い物をした後、友人と別れました。
歩かせちゃったし疲れたんじゃないかな、翌日からの出張本体は大丈夫かなと少し心配になりましたが、朝の集合時間遅めだし今日の方がメインイベントで出張はオマケなので大丈夫!とのこと(笑)
今回来られなかった友人も含め、お互いに色々と大変なこともありつつ、何年経っても会えば学生時代に戻れる大切な存在だなぁと改めて思いました。
また今度みんなで会いたいですね。


REVIVE KITCHEN THREE HIBIYA
https://www.threecosmetics.com/shop/revive-kitchen/hibiya/

アートアクアリウム美術館GINZA
https://artaquarium.jp


プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (211)
レストラン・カフェ (146)
散歩・ドライブ (31)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (233)
2024.02 福岡(ヒルトン福岡シーホーク) (1)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索