01123456789101112131415161718192021222324252627282903

category :レストラン・カフェ

TRATTORIA CREATTA(トラットリア クレアッタ)

11月初めの週末に夫と東京ステーションホテルに宿泊することになり、夕食に大手町のトラットリアクレアッタを予約しました。
東京駅からは少し歩きますが、丸の内を抜けて皇居のお堀端を少し歩けば10分ほどで到着します。



お店はパレスホテルの隣、丸の内ガーデンタワーの1階にあります。
以前は別の名前のイタリアン店でしたが、いずれ行こうと思っているうちにいつの間にか名前が変わっていました。



エントランス付近の庭のライトアップがきれいです。



席は窓際を用意してくれました。
フロアの照明はかなり落とされていて落ち着いた雰囲気です。
こちらはアラカルトでもオーダーできますが、ランチもディナーも3品から5品のプリフィクスコースになっています。
しかも、前菜・パスタ・主菜・デザートの中からカテゴリーに関係なく好きなものが選べるという自由度の高さ。
あとで追加も可能とのことで、ひとまず二人とも3品コースにしました。
夫は前菜とパスタと主菜、私は前菜と主菜とデザートをそれぞれ選択。



プリフィクスにはパンと食後のカフェが付きます。
ほんのり塩がきいた自家製フォカッチャ。



夫の前菜です。
ホロホロ鶏と白レバーのソプレッサータ。
ソプレッサータとは何?という感じで注文しましたが、見た目はパテカンパーニュにも似ていますね。



私の前菜は、ノルウェーサーモンと根セロリのタルト仕立て ディルの香り。
サーモンは大きめの角切りで、リング型のサクサクした台に乗っていました。
このサクサクがどこかで食べたような懐かしい味だったのですが、どうしても思い出せず(笑)



夫のパスタ、甲いかと国産マコモタケ イカ墨を練りこんだスパゲッティーニ。
ソースではなくパスタにイカ墨が含まれているので、お歯黒にならないんですよとスタッフ。



私は一足先に主菜で、真鱈のロースト カリフラワーとキヌアとレモンのタブレ 貝出汁と豆乳のソース。
ぱりぱりに揚げた海苔の風味がよく合います。



3品目、夫の主菜は、マトウダイのポアレ 春菊とフレグラのリゾット仕立て 蕪のピューレと柚子の香り。



私のデザートは、トリュフとマスカルポーネのティラミス。
見た感じはあまりデザートっぽくないのですが、削ったチョコレートとカカオクランブルに黒トリュフという一風変わった大人のティラミスでおいしかったです。



魚料理はどちらも控えめなポーションで、私は嬉しかったですが夫には少しボリューム不足だったようです。
もう1品追加するかどうかしばし考えていましたが、まあ足りないほどではないということで、食後のコーヒーを。



お茶は紅茶かハーブティーが選べるとのことで、カモミールティーを淹れてもらいました。
ごちそうさま。



大手町なので週末の夜は空いているかと思いましたが、ピーク時はほぼ満席のようでした。
忙しかったのか料理の提供には少し時間がかかりましたが、メニューの選択肢が多く、どれも品よく見た目もきれいでおいしかったので、ランチにでもまた来ようと思いました。
季節によってはテラス席も良さそうです。



ゆるゆると歩いて東京駅へ戻る帰り道。



お堀にかかる和田倉橋のライトアップがきれいに見えます。



その橋を渡って、和田倉噴水公園に寄ってみました。
こんな眺めのいい場所にスターバックスがあるとは知らなかったです。



暗めなので水路に落ちないように要注意(笑)



夜なので噴水は止まっていましたが、意外に人がたくさんいて、ベンチなどに座って話したり寛いだりしているようでした。
広々として眺めも開放的で、ちょっとした散策にちょうどいい公園です。


TRATTORIA CREATTA(トラットリア クレアッタ)
https://creatta.tokyo/

Casablanca Silk(カサブランカシルク)

6月中に史上最速で梅雨明けしたらしい東京。
初夏とは思えないような猛暑日が続き、あっという間に7月になった平日のとある日、用事があって午後休暇を取り丸の内へ行きました。
一人だったのでどこかで軽くランチでもと思い、なるべく外に出たくないなぁと丸ビルの中をうろうろ。



何度か行ったことのある5階のカサブランカシルク。
フレンチベトナムのお店です。
入口そばの案内板にフォーやカレーなどのランチメニューが出ていたので、入ってみました。



平日に来たのは初めてです。
相変わらず素敵なインテリア。
テーブルは8割方埋まっていて、さすがに丸の内駅舎が見える窓側は空いていませんでしたが、すぐに席を用意してもらえました。
一人ランチ中の女性もちらほら。
間隔もゆったり取られていて快適です。



ランチメニューから、蒸し鶏のフォーと生春巻きセットにしました。
パクチーにライムの清涼感、さっぱりしたスープ。
暑い日に涼しい場所で熱いものを食べるのもいいですね。



セットのミニ生春巻きにはスイートチリソース。
私には十分な量でした。



食後はコーヒーかロータスティーが選べます。
これもホットのみということで、熱々のロータスティーをちびちびといただきました。
ここはコース中心のお店という認識だったので、気軽な一人ランチにも使いやすいというのは今更ながらの発見でした。
今度はカレーや混ぜご飯も食べてみたい。



お店を出て、5階フロアにあるテラスに出てみました。
丸ビルにこんな場所あったっけ?と思いましたが、まぁあったんでしょうね(笑)
東京駅丸の内駅舎がよく見えて、いい眺めです。
とはいえ、ただならぬ暑さでのんびり佇む余裕もなく、早々に退散しました。
今年の夏も長そうです。

Casablanca Silk(カサブランカシルク)
https://kiwa-group.co.jp/casablancasilk/


米沢牛黄木 銀座店

週末のランチに、久々に外食をしようということになりました。
夫の誕生日が近かったのでお肉かお寿司か天ぷらか・・・と考え、たまにはちょっといいお肉でも食べようかと。



銀座5丁目、週末は歩行者天国になる中央通りに面したビルの12階にある米沢牛専門店、黄木です。
ビル1階はバッグブランドのロンシャンですが、エレベーター横の案内を見ると、こちらの他に近江牛やエイジングビーフ専門店など複数のお肉系の店舗が入っていて、さながらお肉激戦区のようでした。



店舗の間口はそれほど広くはありませんが、フロアには奥行きがあり、少しダークな色調のインテリアと相まって落ち着いた雰囲気です。
米沢を含め山形県全般のお酒や食材を中心に取り扱っているそうです。
日本酒党の夫は最初に「洌」を頼んだ後、テーブルに置いてあった「米沢アッサンブラージュ」が気になり、オーダーしていました。



ランチメニューにはすき焼きやステーキのコースがあり、いろいろな料理が楽しめてとてもおいしそうでしたが、私は量的に無理そうなのでセットメニューのハンバーグを。
夫はしばらくステーキコースと迷い、米沢牛サーロインステーキのセットにしました。
セットメニュー共通の前菜のサラダには牛肉の冷しゃぶが乗っていて、柚子ドレッシングで味付けされています。
野菜だけでもシャキシャキと新鮮で十分おいしいのですが、何より冷しゃぶにしたお肉が目の覚めるようなおいしさで。
薄切り肉派としては「今まで家で食べていた冷しゃぶって何だったんだろう」とちょっと反省しました(笑)



メインの米沢牛100%黄金ハンバーグ。
プレミアムつや姫のご飯とお味噌汁、お漬物が付いてきます。
ご飯はおかわりも可能とのこと。



このハンバーグ、よく見ると上にビーフシチューのお肉が乗った二階建て状態になっています。
どちらのお肉もお箸で切るとほろほろとほぐれる柔らかさでした。
デミグラスソースもしっかり濃いけれどくどくはなく、ご飯に合います。
お店の方によると、ランチメニューの一番人気だそうです。



こちらは夫の頼んだ米沢牛サーロインステーキ。
ミディアムで焼いてもらいました。



味付け用に、和風のタレとわさび、塩にレモンが添えられています。
まずは塩で一口食べた夫が「うん、うまい」と一言。
夫にとってはランチにほどよい量だったようです。
私のハンバーグも少し食べてもらいました。
そしてやっぱりご飯がとてもおいしい。
つや姫は実家から送ってくれるので、我が家でも食べていて十分おいしさを知っているのですが、炊き方や炊く量も違うのでしょうね。



食後にホットかアイスのコーヒーを出してくれますが、お願いしたら紅茶に替えてくれました。
ごちそうさまでした。



年齢とともに小食胃弱にも拍車がかかり、もはやフルコースやがっつり系のお肉は受け付けない私ですが、久しぶりに米沢牛のおいしさを堪能したランチでした。
週末に銀座に行くのも久々だったので、夫の靴など少し買い物をして帰宅。
ただ、やはりお昼にお腹いっぱいになったので、その日の夕食はししゃもがメインになりました(笑)


米沢牛黄木 銀座店
https://ginza.o-ki.co.jp/

プロフィール

AKI

AKI:
旅行と写真が好き。

カメラ:
PENTAX K-7
FUJIFILM X-T1
RICOH GRⅢ
時々スマートフォン

最新記事

カテゴリ

<Weblog> (209)
レストラン・カフェ (145)
散歩・ドライブ (30)
ホテルステイ (30)
その他つれづれ (4)
<Travel> (232)
2024.01 上山(古窯) (2)
2023.06 鎌倉 (4)
2023.05 熊本 (3)
2023.04 神戸 (3)
2023.01 米沢(時の宿すみれ) (2)
2022.08 横浜(インターコンチネンタル横浜pier8) (2)
2022.05 箱根(箱根本箱、箱根・強羅佳ら久) (6)
2021.11 山形 (1)
2021.11 小布施(桝一客殿) (2)
2020.11 銀山温泉(藤屋) (2)
2020.01 修善寺(あさば) (3)
2019.11 清里(ヒュッテ・エミール) (3)
2019.09 赤湯(山形座 瀧波)、横手 (3)
2019.05 上山(名月荘) (2)
2019.05 台北 (8)
2019.02 軽井沢(軽井沢プリンスホテル) (1)
2019.01 赤湯(櫻湯 山茱萸) (2)
2018.11 日光(日光金谷ホテル) (4)
2018.09 山形 (2)
2018.08 鳥羽(鳥羽国際ホテル) (1)
2018.05 ランカウイ (7)
2018.02 伊東(赤沢迎賓館) (2)
2017.11 箱根(界 箱根) (2)
2017.09 湯河原(ホテル ラ シェネガ) (2)
2017.08 山形 (2)
2017.05 広島 (9)
2017.03 熱海(ホテルミクラス) (3)
2017.01 山形 (3)
2016.10 那須(二期倶楽部) (5)
2016.09 野尻湖(エルボスコ) (3)
2016.08 湯の山温泉(アクアイグニス) (3)
2016.04 ハワイ (9)
2016.03 河口湖(星のや富士) (4)
2015.12 妙高(赤倉観光ホテル) (3)
2015.11 山形 (1)
2015.07 香港 (5)
2015.05 シンガポール (14)
2015.03 軽井沢(万平ホテル) (5)
2014.11 伊豆吉奈(東府や Resort & Spa-Izu) (3)
2014.11 山形 (1)
2014.08 金沢 (6)
2014.05 台北 (11)
2014.03 箱根(箱根翡翠) (2)
2014.01 トマム (4)
2013.10 角館 (3)
2013.09 山形 (2)
2013.09 白川郷・高山 (3)
2013.04 竹富島・石垣島 (6)
2013.01 熱海(界 熱海) (3)
2012.11 小布施・善光寺 (3)
2012.08 バンクーバー (13)
2012.07 熱海(ホテルミクラス) (2)
2012.05 京都 (4)
2012.03 ワシントンDC (2)
2011.11 伊豆湯ヶ島(アルカナイズ) (3)
2011.09 白石(湯主一條)・松島 (3)
2011.05 河口湖・鎌倉 (4)
2011.02 伊豆湯ヶ島(あせび野) (2)
2010.11 伊豆長岡(正平荘) (2)
2010.10 軽井沢(星のや) (4)
2010.05 ホーチミンシティ (8)

記事の検索